コンテンツにスキップする

香港がマンハッタン抜く、銀座は6位-一等地の店舗賃貸料ランキング

  • 世界一は香港の銅鑼湾、マンハッタン5番街は2位
  • 3位はロンドンのニューボンド街、4位はパリのシャンゼリゼ通り
Hong Kong, China

Hong Kong, China

Photographer: Xaume Olleros/Bloomberg

Hong Kong, China

Photographer: Xaume Olleros/Bloomberg

米国を襲った小売り低迷の中で、ニューヨークの目抜き通りマンハッタン5番街が店舗賃貸料世界一の座を香港の銅鑼湾(コーズウェイベイ)に譲り渡した。

  不動産仲介のクシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、5番街のアッパータウンでの店舗賃貸料はここ1年で4分の3になり、平方フィート当たりの年間平均で2250ドル(約25万5500円)。

  3位はロンドンのニューボンド街、4位はパリのシャンゼリゼ通り、5位はイタリア北部の都市ミラノのファッション街、モンテナポレオーネ通り。東京の銀座は6位。

2018年2017年都市賃貸料
12銅鑼湾香港2671ドル
215番街アッパーニューヨーク2250ドル
33ニューボンド街ロンドン1744ドル
45シャンゼリゼ通りパリ1519ドル
54モンテナポレオーネ通りミラノ1466ドル
66銀座東京1219ドル
77ピットストリートモールシドニー964ドル

備考:賃料は平方フィート当たり年間平均
出所:クシュマン・アンド・ウェイクフィールド

原題:Hong Kong Takes Crown From Manhattan for Sky-High Store Rents(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE