コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

EUは報復措置も、米国が自動車関税適用なら-マルムストローム委員

  • 欧州はWTOに提訴し、報復関税を発動すると同委員
  • ライトハイザーUSTR代表と会談した後に発言
Bayerische Motoren Werke AG (BMW) vehicles, assembled in the U.S., sit parked before being driven onto vehicle carrier ships at the Port of Charleston in Charleston, South Carolina, U.S., on Tuesday, Oct. 4, 2016. The U.S. Census Bureau is scheduled to release wholesale trade figures on October 7.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のマルムストローム委員(通商担当)は14日、米国が輸入自動車への関税賦課を決定した場合、EUは報復措置を講じると表明した。ただ、EUはそうした事態を回避できることを望んでいると述べた。

  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談したマルムストローム委員はワシントンで記者団に対し「こうした関税は欧州経済のみならず米経済にも悪影響がある」と語った。

  同委員は、トランプ米大統領が欧州からの輸入車に関税をかけた場合、EUは世界貿易機関(WTO)に提訴し、米製品への報復関税を発動すると発言。EU関税は「多くの異なるセクターを対象とするリバランスのリスト」になるだろうと説明した上で、「そうした措置がわれわれに打撃になると判断した場合の備えとなろう。そうならないことを願っている」と述べた。

  トランプ大統領は13日、商務省の調査報告書の草案を協議するため通商チームの主要メンバーと会談した。事情に詳しい関係者2人によると、政権幹部は今のところ関税適用の準備が整っていないと判断した

原題:EU Would Hit Back Against Any U.S. Car Tariffs, Trade Chief Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE