コンテンツにスキップする

日ロ首脳、日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉の加速で合意

From

シンガポールを訪問中の安倍晋三首相は14日、ロシアのプーチン大統領と会談し、北方領土問題の解決に向け交渉を加速することで合意した。北方領土問題は両国の平和条約締結の妨げになっている。

  ロシア大統領府のペスコフ報道官が記者団に語ったところによると、両首脳は今回の会談で、平和条約締結後にソ連が歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すことに合意した日ソ共同宣言を確認。これを今後の交渉の基礎とする。

  プーチン大統領は9月にウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで突然、平和条約について前提条件なしの年内締結を提案して波紋を呼んだ。日本側はこの発言に対し、条約締結の前に北方領土問題の解決を目指す政策に「変わりはない」との認識を示していた。今回の両首脳会談で、交渉の基礎は再び原点に戻った様子だ。

  安倍首相は14日午前、平和条約締結の問題について、「私とプーチン大統領の手で必ず解決していくとの強い思いの下、じっくりと話し合い、交渉をしっかりと前進させていく決意だ」と記者団に語った。

  ソ連は第2次大戦の終わりにこれらを占領し、1万7000人の住民全員が島を追われた。日本は一貫して北方四島の帰属問題を解決した上で条約を締結するとの立場を示している。

原題:Putin and Abe Agree to Speed Up Talks Over Disputed Islands(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE