コンテンツにスキップする

IEA:石油在庫の増加を歓迎、「脅威ではなく保険」-新興国に恩恵

国際エネルギー機関(IEA)は14日、石油市場が供給過剰の状態に戻ったことを歓迎すると表明した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国による増産で世界の石油在庫が増えたことで、原油価格は下落し弱気相場入りした。

  IEAの月報によれば、先進国の石油在庫は4カ月連続で増加した。供給増に伴い4年ぶり高値に上昇していた相場は急落し、高騰で特に打撃を受けていた新興市場の消費国に恩恵をもたらした。

  IEAは「在庫増は脅威というよりむしろ、ある種の保険だと考えて歓迎されるべきだ」と指摘した。

原題:IEA Welcomes Return of Oil Surplus After OPEC Production Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE