コンテンツにスキップする

メラニア夫人、ボルトン補佐官側近の解任要求-アフリカ訪問巡り衝突

  • リカーデル副補佐官は大統領府で働く栄誉に値せず-夫人の報道官
  • 大統領夫人がホワイトハウス人事に介入するのは極めて異例

トランプ米大統領のメラニア夫人は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の側近、リカーデル大統領副補佐官の解任を要求している。

  メラニア夫人の報道官ステファニー・グリシャム氏は13日、夫人によるリカーデル副補佐官の解任要求が報じられた件について声明で、「彼女はホワイトハウスで働く栄誉にもはや値しないというのが大統領夫人のオフィスの立場だ」と説明した。

Senate Banking Committee Considers Three Nominations For Treasury Department Positions

ミラ・リカ-デル副補佐官

写真家:ザック・ギブソン/ブルームバーグ

  事情に詳しい関係者1人によると、リカーデル氏は大統領夫人による先月のアフリカ訪問に自身か他の国家安全保障会議(NSC)当局者が随行しない限りNSCのリソース提供を断ることも辞さない立場を示したことから大統領夫人スタッフと衝突したという。

  大統領夫人がホワイトハウス人事に介入するのは極めて異例だが、こうした衝突は通常、関わった側近の方に分が悪い結果となる。

  NSCのギャレット・マーキス報道官とホワイトハウスのサンダース報道官にグリシャム氏の声明について取材を試みたが、返答はない。リカーデル氏には連絡が取れていないが、13日に同氏はトランプ大統領がスピーチした行事に出席していた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はリカーデル氏がメラニア夫人の声明後すぐに解任されたと報じたが、ホワイトハウス当局者はこれを否定。別の当局者は米東部時間午後4時(日本時間14日午前6時)ごろにリカーデル氏がまだホワイトハウス内にいると語った。

原題:Melania Trump Says Bolton Deputy Ricardel Should Be Ousted (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE