コンテンツにスキップする

日ロ首脳、日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉の推進で合意-共同

シンガポールを訪問中の安倍晋三首相は14日、ロシアのプーチン大統領と会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させることで合意した。共同通信が伝えた。

  共同通信によると、安倍首相は会談後に記者団に対し、「相当突っ込んだ議論をした」と述べた。

  安倍首相は14日午前、平和条約締結の問題について、「私とプーチン大統領の手で必ず解決していくとの強い思いの下、じっくりと話し合い、交渉をしっかりと前進させていく決意だ」と記者団に語った。

  平和条約交渉を巡っては、プーチン大統領が9月にウラジオストクで開催された東方経済フォーラムで、前提条件なしの年内締結を提案。日本側は一貫して北方四島の帰属問題を解決した上で条約を締結するとの立場を示している。安倍首相は「戦後外交の総決算」を掲げており、先月の所信表明演説では、プーチン氏との信頼関係に基づいて「領土問題を解決し、日ロ平和条約を締結する」と述べた。

  日ソ共同宣言では、旧ソ連は平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本に引き渡すことで同意している。毎日新聞は10日、安倍首相は今後の交渉で同宣言の確認から入り、国後、択捉両島の帰属問題を詰めたい考えだと報じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE