Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

トランプ政権、輸入自動車への関税を当面見送りへ

更新日時
  • 商務省の報告書策定に向けてさらに修正の可能性-関係者
  • 大統領と通商チームの主要メンバーが13日にホワイトハウスで会合
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

トランプ政権は輸入自動車への新たな関税適用を当面見送る。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  トランプ米大統領は13日、商務省の輸入自動車に関する報告書の草案について協議するため、通商チームの主要メンバーとホワイトハウスで会合を開いた。これら関係者によれば、トランプ政権は関税導入を進める用意が整っておらず、報告書の取りまとめに向けてさらに修正が加えられる可能性がある。会合が公表されていないことを理由に関係者らは匿名を条件に語った。

  同会合にはロス商務長官やムニューシン財務長官、ライトハイザー通商代表部(USTR)代表、クドロー国家経済会議(NEC)委員長、クシュナー上級顧問らが出席した。

  商務省は5月、1962年通商拡大法232条に基づき、自動車輸入の米国家安全保障への影響の調査に着手。調査対象はスポーツタイプ多目的車(SUV)やバン、ライトトラックを含む自動車と自動車部品。ロス商務長官は来年2月までに大統領に調査結果を報告し、大統領が最終的に関税賦課の是非を決定する。大統領は最高25%の自動車関税をちらつかせている。

原題:U.S. Said to Hold Off on Trump’s Car Tariffs After Trade Meeting(抜粋)

(背景などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE