コンテンツにスキップする

スルガ銀は4-9月期986億円の赤字、不動産融資関連の引当金積み増し

更新日時
  • 通期純損益予想を975億円の赤字に、従来は250億円の黒字
  • 9月末時点の貸倒引当金は1944億円に、1074億円を追加計上
Suruga Bank's headquarters in Numazu, Shizuoka.
Suruga Bank's headquarters in Numazu, Shizuoka. Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Suruga Bank's headquarters in Numazu, Shizuoka.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

スルガ銀行は14日、4-9月期の純損失が986億円になったと発表した。シェアハウス関連融資などに関連して貸倒引当金1074億円を追加で計上したことが響いた。今期(2019年3月期)の純損益も従来の250億円の黒字から975億円の赤字に転落するとの見通しを明らかにした。

Suruga Bank Responds To Loan Scandal

スルガ銀行の店舗

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  メガバンク3行が軒並み数千億円規模の純損失を計上した09年3月期以来、上場している銀行が1000億円近い赤字を計上するのは初めて。スルガ銀は東証で開示した資料で9月末時点の貸倒引当金が1944億円と、6月末の870億円から拡大したことを明らかにした。

  シェアハウス向け不正融資問題では、スルガ銀の外部委員会が9月、融資の審査書類などに改ざんや偽造があり、多くの行員が関与していたと認める報告書を公表。金融庁は10月、スルガ銀に対し投資用不動産向け融資などの新規取り扱いを6カ月停止させる行政処分を出した。

  スルガ銀は来年4月までの業務停止命令期間中に不動産投資向け融資を全件調査すると公表、中間決算でその時点での追加損失を計上する方針を示していた。

  同日に静岡県沼津市内で会見した有国三知男社長は、資金繰りが悪化した場合に備え、日銀と連携して適格担保を元に資金供給を受けられる準備をしていることを明らかにした。その上で、現預金が5000億円超あり、すぐに資金供給が必要な状態ではないと強調した。シェアハウス向けの不正融資問題が起きて以降、預金流出が続いており、9月末までの半年間で6697億円減少した。

突出して高いシェアハウス

18年9月のローン種別延滞率(%)

出所:スルガ銀決算説明資料

  同社の発表資料によると、9月時点のシェアハウスローンの延滞率は30%と、他のローンの延滞率を大きく上回った。この状態について、有国氏は支払いの催促などをせず法的措置をとらないことも明言しているために顧客が様子を見ているためと説明。

  シェアハウスローンの残高を保護するための担保や引当金などによる「保全率」は9割を超えており、主力の1棟収益ローンの延滞率は低いことなどから、今後損失がさらに拡大する可能性は限定的との見方を示した。他社との資本・業務提携の可能性について「当社の価値が上がるなら」検討する考えだが、「現状話は来ていない」とした。

  同行は12日、不適切融資への対応の遅れで同行に多額の損害を与えたとして、創業家出身の岡野光喜前会長ら現旧役員9人を相手取り、計35億円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁に起こしたと発表。現役の役員では八木健取締役が提訴された一方で、有国氏への法的責任の追及は見送った。

  有国氏は来年早期に開催する予定の臨時株主総会で八木氏が退任する意向だと明かしたが、自身の進退についてはコメントを控えた。

(会見での発言などを加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE