イタリア政府、財政赤字と成長目標で欧州委の修正要請拒否の方針

  • 財政赤字のGDP比目標は2.4%、経済成長目標は1.5%に堅持
  • 伊政府は13日中に書簡を送付、修正を求める欧州委と対立へ
The Italian national flag flies atop a clock tower. Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

イタリアのポピュリスト政権は欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会に13日中に送付する予定の書簡で、来年の財政赤字と経済成長目標を堅持する方針を伝える。コンテ首相のオフィスが明らかにしたもので、修正を求めていた欧州委と対立することになる。

  反移民を掲げる政党「同盟」と反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党「五つ星運動」の連立与党の閣僚らは、来年の財政赤字の国内総生産(GDP)比目標を2.4%に、経済成長率目標を1.5%にそれぞれ維持することに合意した。同国政府はこれを書簡で欧州委に送付する。

  政府当局者によると、コンテ首相は欧州からの予算案修正要求への対応で閣議を開催。サルビーニ副首相はローマで記者団から、予算案が修正されるのか尋ねられると、首を横に振って否定した。

  欧州委はイタリアの債務山積の影響を懸念して同国の予算案に異議を唱えていたが、今回の目標維持の方針を受け同委は制裁プロセスに踏み切るかどうかの判断を迫られることになり、制裁に至った場合、その額は数十億ユーロに上る恐れがある。

Bringing Up the Rear

Italy is forecast to have the slowest growth of the 19 euro-area economies

Source: European Commission autumn forecasts

Note: GDP projections for euro countries with the slowest estimated growth

原題:Italy’s Populists Defy Europe on Budget Deficit, Growth Targets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE