JCIの車用電池部門、132億ドルでブルックフィールドが買収へ

カナダの資産運用会社、ブルックフィールド・アセット・マネジメントのプライベートエクイティー(PE、未公開株)部門が率いる投資家グループは、自動車システムやビル管理機器を手掛けるジョンソンコントロールズインターナショナル(JCI)から、自動車用バッテリー事業を132億ドル(約1兆5000億円)で買収することで同社と合意した。今年最大級のレバレッジド・バイアウト(LBO)となり、JCIはこれで自動車関連事業のすべてを放出することになる。

  ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズにはカナダの年金基金、ケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ)が含まれると、JCIが13日のリリースで明らかにした。JCIは売却によって、柱とする建築管理事業に経営資源を集中できるようになるという。

原題:Brookfield to Buy Johnson Controls Unit for $13.2 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE