米ホーム・デポ:通期の売上高予想引き上げ-8~10月の決算好調

住宅用品小売り、米ホーム・デポの8-10月(第3四半期)決算では利益と売上高がアナリスト予想を上回り、同社は通期の売上高予想を引き上げた。住宅の修繕・改装市場が減速しつつあるとの懸念を和らげる内容となった。

  第3四半期の既存店売上高は4.8%増と、伸びはアナリスト予想を上回った。売上高は263億ドル(約3兆円)で、こちらも市場予想を超えた。

  利益は1株当たり2.51ドル。18四半期連続で市場予想を上回った。

  住宅市場の指標は一部で軟化が見られるものの、住宅価格は上昇が続いていることから、ホーム・デポは住宅所有者が今後も修繕や改装への支出を増やすとみている。

  通期売上高については7.2%増と予想。従来予想は7%増だった。

  決算の詳細はこちらをご覧ください。

原題:Home Depot Raises Forecast, Easing Concern on Home Improvement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE