コンテンツにスキップする

鴻海精密:7-9月純利益は予想に届かず、アイフォーン需要後退示す

米アップルの「iPhone(アイフォーン )」などの受託生産を担う台湾の鴻海精密工業が発表した7-9月(第3四半期)決算は、アナリスト予想を下回った。アイフォーン需要の後退が世界の主要サプライヤーに影響を及ぼしていることを浮き彫りにした。

  7-9月の純利益は249億台湾ドル(約920億円)。市場予想は282億台湾ドルだった。月次の売上高統計からブルームバーグが試算したところによると、第3四半期の売上高は1兆3800億台湾ドル。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、サイモン・チャン氏は5日付のリポートで、「新型アイフォーンなど利幅が薄く高価格の製品が鴻海売上高に占める比率が上昇し、第3四半期の鴻海の売上高粗利益率は恐らく縮小した」との見方を示していた。

原題:Hon Hai Profit Misses Estimates as iPhone Sales Stagnate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE