コンテンツにスキップする

イエレン前FRB議長:米貿易赤字拡大は中国ではなく米利上げが原因

  • 米貿易赤字につながる不公正な貿易慣行は中国で見られない
  • 今後1年で3、4回の米利上げと予想-北京の会議で発言

イエレン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は13日、米国の貿易赤字を膨らませているのは財政刺激策に対応した連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げであり、中国の不公正な貿易慣行ではないとの認識を示した。

  イエレン氏は北京での会議で、他国・地域と比べ高めの米金利がドル相場を押し上げる影響を及ぼしており、「これがわれわれの貿易赤字が拡大しているかもしれない理由の1つだ」と述べた。ドル高は米国の輸入増と輸出減を招く傾向があり、貿易収支を悪化させる。

Janet Yellen

イエレン前FRB議長

写真家:Justin Chin / Bloomberg

  同氏は外国製品に対する米国の需要が貿易赤字を生み出す一因となっていると説明し、「米国の貿易赤字につながる不公正な貿易慣行は中国あるいは世界のどこにも見られない」と語った。「米貿易赤字は米国人が生産する以上に消費している事実を反映している。われわれは需要を満たすため国外から過剰な製品とサービスを輸入している」と話した。

  イエレン氏はFOMCが今後1年、「失業率を安定させるため」に3回もしくは4回の利上げを行うと予想。「最近の減税が実施される前にすでにほぼ完全雇用での経済運営となっていたところに、追加的な支出が拡張的な財政政策に拍車を掛けた。それで、経済が恐らく過熱の地点まで追いやられた」との見方を示した。FOMCは「すでに利上げの軌道上にあったが、そうしたことが高めの金利引き上げ、多めの利上げにつながっている。刺激を打ち消すためだ」と語った。

原題:Yellen Says Fed More to Blame for Wider Trade Deficit Than China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE