コンテンツにスキップする

バフェット氏は不動産帝国をイタリア、日本、中東に拡大へ

  • 年内にミラノ、ウィーン、ドバイもネットワークに追加目指す
  • メキシコ市、香港、東京も視野に入れている

著名投資家ウォーレン・バフェット氏の不動産仲介会社、バークシャー・ハサウェイ・ホームサービシズは初めて海外フランチャイズ契約を締結するまでに18年かかったが、現在はイタリアや日本、中東に拡大しようとしている。

Key Speakers At The Goldman Sachs 10,000 Small Businesses Summit

ウォーレン・バフェット氏

写真:Andrew Harrer / Bloomberg

  同社は今月、ロンドンに本拠を置くケイ・アンド・コーと提携。ベルリンのルビナ・リアル・エステートに続く欧州で2番目の提携となる。年内にミラノ、ウィーン、ドバイもネットワークに加えたい考えだ。

Gino Blefari

ジノ・ブレファリ氏

Source: Berkshire Hathaway HomeServices

  フランチャイズネットワーク事業を統括するジノ・ブレファリ氏はベルリンでのインタビューで、「すでに数多くの市場が回復している」とし、「最終的には全ての主要大都市圏に展開するつもりだ」と語った。パリとマドリードでのパートナー候補と協議中で、メキシコ市、香港、東京も視野に入れているという。

  バフェット氏のバークシャー・ハサウェイは2000年に、不動産仲介と住宅ローンを手掛けるホームサービシズ・アメリカを買収。今では米国最大の住宅仲介業者の一つとなっている。

原題:Warren Buffett to Expand His Real Estate Empire to Milan, Dubai(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE