コンテンツにスキップする

EUがイラン制裁を回避できるとは思わず-マンデルカー米財務次官

  • 欧州は特別目的事業体を用いたイラン制裁回避策を講じると表明
  • 協調可能な追加的メカニズムが見つかると信じていると財務次官

米トランプ政権によるイラン石油・銀行業界を対象とした制裁の回避策を欧州連合(EU)が準備していることについて、米財務省の制裁責任者は心配していないと述べた。

  マンデルカー財務次官(テロ対策・金融犯罪担当)は、米金融システムを利用せずにイランへの資金の流れを維持するため特別目的事業体(SPV)を設けようとするEUの取り組みについて、実行できるとは思わないと述べた。同次官はイラン制裁への欧州の支持を取り付けるためベルリンとパリ、ローマを訪問する。

  同次官はロンドンで記者団に対し、「私はSPVについて全く懸念しておらず、われわれが協調可能な追加的メカニズムが見つかると信じている」と発言。イランに由来する脅しについて、「われわれは欧州同盟国と共通の認識を持っていると強く確信している」と述べた。

  同次官はさらに、制裁を回避しようとする取り組みをトランプ政権は容認しないとの明確なメッセージを訪問先で送る考えを示した。

原題:Treasury Official Doubts EU Can Sidestep U.S. Sanctions on Iran(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE