コンテンツにスキップする

シェブロンやエクソン、エンデバー・エナジーに買収提案検討-関係者

  • コノコも買収に向けた入札に参加の可能性-企業価値150億ドル
  • エンデバーの創業一族は依然、2019年のIPO実施を選好

米石油会社シェブロンエクソンモービルは非公開のエンデバー・エナジー・リソーシズの買収に向けた入札の第1ラウンドへの参加を検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  エンデバーの企業価値は債務も含め約150億ドル(1兆7000億円)と見積もられ、コノコフィリップスも入札プロセスに参加する可能性があると、関係者が情報は非公開だとして匿名を条件に語った。ロイヤル・ダッチ・シェルも打診を受けており、参加もあり得るという。企業価値はエンデバーの事業規模を反映しており、同社は用地32万9000ネットエーカーで採掘権を有し、うち開発済みは2%にとどまっていると関係者。

  エンデバー、シェブロン、エクソン、コノコの担当者はコメントを控え、シェルの担当者はコメント要請に返答していない。

  テキサス州ミッドランドに拠点を置くエンデバーは創業者オートリー・スティーブンス氏の一族が所有。複数の買い手候補からアドバイザーに問い合わせがあったことで、身売りプロセス入りに合意したものの、創業者一族は依然として2019年の新規株式公開(IPO)実施を選好しており、経営陣もその目標に向け準備を続けているという。

原題:Chevron, Exxon Mobil Are Said to Weigh Bids for Endeavor Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE