コンテンツにスキップする

中国:景気減速阻止なら政府の出番-財政支出の拡大余地あるとの見方

  • 財政支出を増やし、付加価値税と法人所得税を減税する必要-調査
  • 今は政府部門が「より大きな責任を引き受ける」時との指摘も

景気減速の進行阻止を望むのであれば、中国政府には借り入れを増やす余地がある。

  レバレッジ解消と貿易戦争の影響が経済に及ぶのを防ぐための緩和的措置が不十分だった場合、中国のどのセクターに最もレバレッジを増やす余地があるかとブルーバーグが今月のエコノミスト調査で質問してみたところ、28人中21人がこう回答した。

  中国当局は政策を一段と積極的に進めるため、財政支出を増やし、付加価値税と法人所得税を減税する必要があると調査は結論付けている。

  国家金融発展実験室のチャン・シアオチン研究員は「一部のセクターが債務を減らしつつある中で、それ以外では成長を支えるためレバレッジレシオを引き上げる必要が生じるだろう」と述べた上で、今は政府部門が「より大きな責任を引き受ける」時だと指摘した。

More than half of China's progress in deleveraging was erased in Q1

原題:China’s Government Has More Room to Leverage Up as Growth Slows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE