コンテンツにスキップする

MUFG:通期純利益目標9500億円に増額、与信戻し入れ寄与

更新日時
  • 4-9月期は本業不振、戻し入れやモルガン・スタンレーが補う形
  • 通商問題深刻化で「実質は下期計画が1000億円減額」と平野社長

三菱UFJフィナンシャル・グループは今期(2019年3月期)の連結純利益目標を従来の8500億円から9500億円に上方修正した。ブルームバーグがまとめたアナリスト17人の予想平均9577億円は下回った。与信関係費用の戻し入れが増加したのが寄与する。

General Images of Mitsubishi UFJ Financial Group Inc.

三菱UFJ銀行

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  13日の開示資料によると、18年7-9月期の連結純利益は前年同期比0.6%減の3358億円となった。本業の儲けを示す業務純益は同20%減の2817億円。資金利益や役務取引などの大幅減少が響いた。

  平野信行社長は、同日の会見で「本業の業務純益が大幅減益であり、順調な決算とは言い難い」と指摘。預貸金利回り差について、「下げのピッチは緩やかになったとはいえる」としながらも、引き続き住宅ローンを含む長期性の貸し出しは圧縮されていくのは変わらないとの見方を示した。

  一方、貸倒引当金の戻し入れや資本提携先のモルガン・スタンレーの業績伸長などが本業の不振を補い、7-9月期の純利益は前年比ほぼ横ばいまで押し上げられた。4-9月期純利益の修正通期目標に対する進捗率は69%だった。

  通期業績目標の上方修正について、平野社長は「実質は下期計画が1000億円減額となった形」と指摘。その理由として、世界経済の先行きに対する不透明感があるとの見方を示した。米中通商問題の深刻化につれて「中国経済がいずれ減速し」、企業業績や投資、経営者心理に影響すると述べた。

  同社は2億株、1000億円を上限とし、自己株式(発行済み株式総数の1.52%)を取得することも発表。取得期間は14日から12月31日まで。また従来は1株当たり年20円としていた配当を22円に引き上げる。前期(18年3月期)実績比で3円の増配。

7―9月決算主要項目
  • 資金利益は4.2%減の4897億円
  • 役務取引等利益は4.9%減の3212億円
  • 国債売買益を含むその他業務利益は8.5%減の302億円
  • 株式等関係損益は228億円の利益
  • 与信関係費用は934億円の戻し入れ
(平野社長の会見内容も加えて更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE