ロンドン外為:ユーロ下落、1年4カ月ぶり安値-政治リスク警戒

  • 一時0.9%安の1.1240ドルと2017年6月以来の安値
  • 投資家は1ユーロ=1.1187ドルの水準に注目

12日の外国為替市場でユーロが下落。約1年4カ月ぶり安値に落ち込んだ。投資家は欧州を巡る政治リスクを警戒している。

  報道によれば、メイ英首相の欧州連合(EU)離脱計画には反対の声が強く、首相は計画の修正か議会での敗北かの選択を迫られている。また欧州委員会は予算を巡るイタリアとの対立激化を辞さない姿勢で、イタリアへの制裁のプロセスを開始する用意があるもようだ。

  ユーロは一時0.9%安の1.1240ドルと、2017年6月以来の安値を付けた。投資家は1ユーロ=1.1187ドルを抵抗線と見て注視している。

原題:Euro Slides to 16-Month Low as Political Risks Damp Sentiment(抜粋)
Euro Slides to 16-Month Low as Political Risks Damp Sentiment

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE