コンテンツにスキップする

中国中銀、人民元相場の管理強化示唆-市場の役割強調する表現削除

  • 9日発表の四半期金融報告に2013年秋以来の変化
  • 元安が行き過ぎと人民銀がみている可能性も-BBVAの夏楽氏

中国が人民元の相場管理強化を示唆した。中国人民銀行(中央銀行)が四半期ごとに公表する政策報告書から、市場の力の重要性を強調する表現が削除された。

  人民銀が9日発表した7-9月(第3四半期)金融報告書の今後の課題に関するセクションで、「市場の需給が為替レート決定でより大きな役割を果たす」ことを認めるとの記載がなかった。

  こうした文言がなかったのは2013年の秋以来。最新の報告書は、人民元を合理的かつ均衡の取れた水準に基本的に安定維持することを確実にするための措置を講じると言明した。

PBOC signals tougher yuan management as the currency weakens

  ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のアジア担当チーフエコノミスト、夏楽氏(香港在勤)は「急速な元安に人民銀はもはや落ち着いていられず、元相場は行き過ぎだと考えているのかもしれない」と指摘。「人民銀は元相場の柔軟性を高めるより、元の安定化に向け追加措置を取る可能性が高い。人民元がすぐに1ドル=7元を超えて値下がりすることはないだろう」と述べた。

  ただ人民銀は最新報告書で、中国の外国為替制度において市場は「ファンダメンタルな」役割を担うとあらためて表明。中国は通貨市場改革を深め、双方向への元相場の柔軟性を高めるとも説明した。

原題:China Signals Tougher Yuan Management at Expense of Market Role(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE