コンテンツにスキップする

武田薬:12月5日にシャイアー買収決議の臨時株主総会ー大阪市で

  • 取締役3人の選任議案も上程、武田薬取締役会は全会一致の賛成推奨
  • シャイアー株主総会など経て早ければ来年1月8日にも買収完了

武田薬品工業は製薬大手シャイアー買収の是非に関して、12月5日に大阪市内で臨時株主総会を開く。

  武田薬の12日の発表資料によると、総会は午前10時から開かれシャイアー買収に必要な新株発行の可否を問う議案のほか、取締役3人の選任の計2議案を上程する。武田薬の取締役会はこれらの議案について、株主に対し全会一致で賛成票を入れることを推奨している。

Takeda Pharmaceutical Co. President And CEO Christophe Weber Holds News Conference

武田薬品工業

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  武田薬とシャイアー両社の株主総会での決議を経た後、早ければ2019年1月8日に買収を完了する予定としている。

  武田薬の創業家を含む株主らはシャイアー買収計画に反対しており、取締役会の議事録開示を求めている。武田薬のクリストフ・ウェバー最高経営責任者(CEO)は買収反対派について、100人未満で武田薬の株式保有比率も1%に満たないとして、「武田薬がどうなるべきかで見解が異なる。グローバル企業になるか、あるいはローカルな企業かという問題だ」と語った。

  武田薬はことし5月、希少疾病の分野の強化のため、シャイアーを新株の発行と現金を組み合わせて国内企業の海外企業買収では過去最大規模となる約460億ポンド(約6兆7600億円)で買収することで合意していた。

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE