コンテンツにスキップする

ロシア捜査の予算減額しない、米司法長官代行が意向示す-関係者

マシュー・ウィタカー米司法長官代行は側近らに対し、自身の下では司法省はモラー特別検察官による2016年米大統領選へのロシア介入疑惑の捜査の予算を減らすことはないと話している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  これは、ウィタカー氏がモラー氏の捜査に干渉するとの懸念が直ちには現実化しないことを示唆している。

Attorney General Jeff Session Hosts Roundtable With Joint Interagency Task Force In D.C.

マシュー・ウィタカー司法長官代行

写真家:チップ・ソモデビラ/ゲッティイメージズ

  ウィタカー氏は17年7月、CNNとのインタビューで、司法長官代行になる人物がモラー氏を解任までしなくても「予算を極端に減らして捜査打ち切りに近い状態に導く」シナリオは想定可能だと述べていた。

  だがウィタカー氏は長官代行となった現在、そうしたシナリオに向けて動く考えはなく、モラー氏の捜査継続を容認する意向を側近に伝えている。

原題:Whitaker Is Said to Indicate He Won’t Cut Mueller’s Probe Budget(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE