英7-9月実質GDP:2年ぶりの高い伸びも、ペース鈍化を示唆

  • 7-9月GDP改定値は前期比0.6%増、予想に一致
  • 2016年第4四半期以来で最も大幅な伸び、8月以降勢い失う

今年7-9月(第3四半期)の英経済成長率は約2年ぶりの高水準となった。ただ、8月以降は突然に勢いが失われ、欧州連合(EU)離脱が迫る中での成長鈍化が示唆される。

  政府統計局(ONS)が9日発表した7-9月の実質国内総生産(GDP)改定値は前期比0.6%増と、市場予想に一致。2016年第4四半期以来で最も大幅な伸びとなった。特に第3四半期前半は気温の上昇やサッカーW杯の開催で個人消費が押し上げられたもようだ。純貿易もプラス寄与した。

  第3四半期の個人消費は0.5%増、企業投資は1.2%減少した。輸出は前四半期比2.7%増。輸入は変わらずだった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.K. Economy’s Best Quarter in Two Years Hides Loss of Momentum(抜粋)
U.K. 3Q GDP Rises 0.6% Q/Q; Est. 0.6% Q/Q(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE