Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国の住宅の5軒に1軒は空き家、全体で5000万戸余り

  • 不動産不況となれば空き家所有者が売り急ぐ恐れ
  • 住宅は投機目的ではなく居住用であるべき-習国家主席
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

住宅は居住するためのものであるべきだと主張する習近平中国国家主席のスローガンは、聞き流されているようだ。中国全体で数千万戸に上るアパートや家が空き家となっている。

  調査を行った四川省成都市の西南財経大学の甘犁教授によると、中国の都市部の住宅のうち空き家は約22%であることが近く公表される研究結果に示されており、5000万戸余りに上るという。

  政策当局者にとって悪夢のシナリオは、不動産市場が傾き始めた場合に空き家所有者が物件売却を急ぐ展開で、価格下落の悪循環を招きかねないという。2017年の調査に基づく最新データでは、政府の不動産投機抑制策も十分に奏功していないことが示唆されている。

  甘教授は「空き家率がこれほど高い国はほかにない」と述べ、「不動産市場で亀裂が表面化した場合、売りに出される住宅が洪水のように中国に打撃を与えるだろう」と述べた。

Ticking Time Bomb

China's home vacancy rate overshadows other major economies

Source: H.K's Rating and Valuation Department, Japan's statistics bureau, Taiwan's Construction and Planning Agency, China Household Finance Survey, U.S. Housing Vacancy Survey

* Japan's figure is for 2013, rest for 2017 ** China's vacant properties include empty homes of migrants seeking work elsewhere.

原題:A Fifth of China’s Housing Is Empty. That’s 50 Million Homes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE