香港がジャーナリスト入境を拒否と英紙FT-作家の講演にも横やり

  • FTのマレット氏は8日、一時的な香港訪問認められずと同紙
  • 入境阻止なら新しい小説の内容が事実だと立証するだけ-馬建氏

香港で就労ビザ(査証)の更新が拒否されていた英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のジャーナリスト、ビクター・マレット氏は8日、香港への一時的な訪問が認められなかった。同紙が報じた。

  FTによれば、香港を訪れようとしたマレット氏は入境検査官から数時間におよぶ質問を受けた後、香港入りを拒否された。FTは同氏の「就労ビザ更新が最近断られた理由について一切の説明を受けておらず、この決定に不服を申し立てている」と伝えた。

ビクター・マレット氏

写真家:Paul Yeung / Bloomberg

  マレット氏が外国人特派員で構成する香港外国記者会(FCC)の会長代行を務めていた今年8月、FCCは香港独立を唱える政治組織「香港民族党」を創建した陳浩天氏を講演に招いた。中国当局はこれに強く反発。香港政府は9月、民族党に活動禁止を命じた。

中国が敷いた新たな「レッドライン」-香港駐在のジャーナリスト追放

  香港では「香港国際文学フェスティバル」のメイン会場となる建物での作家の馬建氏による講演が、同建物を管理する香港ジョッキークラブによって拒否されたばかり。ロンドンを拠点とする馬氏は中国の習近平国家主席が唱える「中国の夢」というスローガンに批判的な小説を出版している。

馬建氏

写真家:Jeremy Sutton-Hibbert /ゲッティイメージズ

  別の場所で話すよう求められた馬氏は9日午後に香港に到着する予定。同氏はブルームバーグ・ニュースに対し「私の香港入りが止められるどうか非常に懸念している。入境阻止は賢明なことではない。そんなことをすれば私が新しい小説で書いた全てが本当のことだと立証するようなものだ」と述べた。

原題:FT Journalist Denied Entry Into Hong Kong, Newspaper Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE