コンテンツにスキップする

中国の生産者物価、4カ月連続で鈍化-10月の消費者物価は横ばい

更新日時
  • 10月のPPIは前年同月比3.3%上昇-前月の3.6%から鈍化
  • CPIは2.5%上昇、エコノミスト予想と一致

中国の10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は4カ月連続で鈍化した。需要の低迷が響いた。一方、消費者物価指数(CPI)の伸びは前月と同じだった。これを受け、資金調達状況の緩和に向けた中国人民銀行(中央銀行)の取り組みに余裕が生まれることが見込まれる。

  国家統計局が9日発表した10月のPPIは前年同月比3.3%上昇。ブルームバーグのエコノミスト予想と一致した。9月は3.6%上昇だった。

  CPIは前年同月比2.5%上昇と、エコノミスト予想と一致。9月も2.5%上昇だった。

Producer prices slowed as consumer inflation steadies
  • PPIの伸びは鈍化し、政策緩和にもかかわらず内需が引き続き低迷していることがあらためて示された。PPIの項目別では製造品の伸びが2016年10月以来の低水準となった
  • CPIの伸びが横ばいだったことは、豚コレラの発生や洪水に伴う一時のインフレ圧力が和らいだことを示唆
  • 中国人民銀行は長期にわたり金利を据え置き、米金融当局との乖離(かいり)が可能となる見通し。人民銀は流動性管理に重点を置く方針で、姿勢は中立的だと、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の大中華圏担当チーフエコノミスト、楊宇霆氏(香港在勤)が指摘

原題:Tame Chinese Inflation Frees PBOC’s Hand as Economy Loses Steam(抜粋)

(詳細や市場関係者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE