コンテンツにスキップする

トランプ氏の弁護士:セッションズ氏解任、ロシア疑惑捜査に影響なし

トランプ米大統領の法律チームのジェイ・セクロー弁護士は、セッションズ米司法長官の解任は2016年米大統領選へのロシアの干渉疑惑に関するモラー特別検察官の調査には影響しないと述べた。

  セクロー氏は自身のラジオ番組で8日、マット・ウィタカー氏が司法長官代行となったが、モラー氏に対し「日常的に影響を与えることはないだろう」と述べた。ウィタカー氏はセッションズ氏の首席補佐官を務めていた。ウィタカー氏はモラー氏の捜査を公に批判したことがあるにもかかわらず、モラー氏の捜査を監督する責任を引き受けることになった。

Attorney General Sessions Holds News Conference On Developments Of Suspicious Packages

7日解任されたセッションズ司法長官

Andrew Harrer / Bloomberg

  セクロー氏は、ウィタカー氏は「非常に賢明で」司法省を率いる能力を有しており、「性急に」後任を指名する必要はないと指摘した。

  同氏によると、セッションズ氏の後任候補にはノエル・フランシスコ訟務長官、ジョン・ラトクリフ下院議員(テキサス州)や、その他「非常に能力の高い人々」が含まれる。

原題:Sessions Ousting Won’t Affect Mueller Probe, Trump Lawyer Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE