欧州委:2019年ユーロ圏成長率見通しを下方修正ーリスク高まる

  • 19年成長率予想は1.9%と7月時点の2%から下方修正
  • 強い不透明感と相互に結びついた多数の下振れリスクを警告

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は、世界的な貿易摩擦とイタリアの財政問題、米経済の過熱がユーロ圏経済に対するリスクだと指摘、2019年の域内経済成長率予想を引き下げた。

  8日発表された経済見通しによると、今年のユーロ圏経済成長率は2.1%の見込み。19年予想は1.9%と7月時点の2%から下方修正された。

  欧州委は報告で、「強い不透明感」と、相互に結びついた多数の下振れリスクが存在すると警告した。

`Less Dynamic'

European Commission sees slower growth in the coming years

Source: European Commission

原題:EU Sees Risks Mounting in an Economy Already Under Pressure (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE