コンテンツにスキップする

イタリア成長率は政府目標に届かず、赤字は20年に3.1%-EU予想

  • 19年経済成長率は1.2%、政府目標の1.5%を下回る見込み
  • 19年財政赤字はGDPの2.9%に、政府目標は2.4%

欧州連合(EU)の欧州委員会は8日、イタリアの2019年成長率が政府目標を下回り、財政赤字は国内総生産(GDP)の3%というEU規則の上限に危険なほど近づくとの見通しを示した。

  欧州委はEUの経済見通しの一環でイタリアについて、以下のような予想を示した。

  • 19年経済成長率は1.2%、ポピュリスト政権の目標の1.5%を下回る見込み
  • 低成長によって財政赤字の対GDP比は拡大し来年に2.9%、20年には3.1%となる見通し
    • 政府の19年赤字目標は2.4%

Two Points of View

European Commission and Italy's government don't agree on budget forecasts

Source: European Commission and Italian Government

  欧州委は、成長見通しへの「下振れリスクは強まっており、見通しには高い不確実性がある」としている。リスクの一つとして国債利回りの一段の上昇を挙げた。財政悪化と成長へのリスクに伴い、EUはイタリア債務の対GDP比が20年末までは低下しないとの見通しも示した。

Two Points of View

European Commission and Italy's government don't agree on debt forecasts

Source: European Commission and Italian Government

  欧州委は国債利回り上昇の銀行への影響についても警告し、「公的財政の質と持続可能性への疑念が生じれば、ソブリンと銀行の負の連鎖が再燃しかねない」と指摘した。

原題:EU Spells Out to Italy Why Its Budget Plans Just Won’t Fly(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE