米ねじれ議会は世界市場に最良の結果-JPモルガンのコラノビッチ氏

  • 上下両院とも共和党維持が最良の結果と考えるアナリストもいた
  • 共和党勝利は貿易戦争の肯定と見なされかねないとコラノビッチ氏

トランプ大統領

Photographer: Al Drago/Bloomberg
Photographer: Al Drago/Bloomberg

中間選挙が米国に「ねじれ」議会をもたらしたのは、世界の市場にとって最良の結果だった。JPモルガン・チェースのストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏が7日のリポートでこのような見方を示した。この結果によって貿易を巡る緊張が緩和され、年末に向けた相場上昇につながる可能性があると同氏はみている。

  この考え方は、上下両院とも共和党が維持するのが最良の結果だと考えていた一部のアナリストらとは正反対の見方だ。

  コラノビッチ氏は、トランプ政権の昨年の政策は親ビジネスだったが、今年は貿易戦争や保護主義など「強いアンチビジネス」政策になったと指摘。従って、共和党が勝利すれば貿易戦争の肯定と見なされかねなかったと分析した。

  トランプ大統領は議会に頼れず米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和策にも期待できないとなると、「景気の勢いを維持するために自分の権限でできることをしなければならなくなる。つまり、景気にマイナスの貿易戦争をやめることになる」とコラノビッチ氏は記述した。

原題:JPMorgan’s Kolanovic Says Midterms May Make Trump Drop Trade War(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE