スタバが中目黒に高級店「ロースタリー」-世界5店舗目

  • 店舗設計は建築家の隈研吾氏、店内には焙煎設備も併設
  • ウーバーイーツと連携し新宿や六本木の店舗で宅配、9日から

米スターバックスのケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は都内で会見し、来年2月28日に中目黒(東京都目黒区)に、国内初、世界では5番目となる高級店舗「リザーブロースタリー」を開店すると発表した。

「リザーブ・ロースタリー」上海店の店内

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  設計は東京五輪の主会場となる新国立競技場も手掛けた建築家の隈研吾氏が担当。店内にはコーヒー豆の焙煎設備も備え、高品質なコーヒーを提供する。ジョンソン氏は「顧客は以前より洗練された体験を求めるようになった」ため、日本で高級感のある体験型店舗を開店することになったと述べた。同社は2021年までに国内で年100店舗の開店を目指すなど新たな戦略も明らかにした。

キーポイント

  • 「ロースタリー」では数種類のコーヒーを同時に試すことができるセット販売も
  • 21年末までに店舗数を20%増の1700店舗に増やす
  • ウーバーの宅配サービス「ウーバーイーツ」と提携し、11月9日からコーヒーやスナック類などの宅配を新宿、六本木地区の計3店舗で試験的に開始
    • 2年間で宅配サービスの拡大を予定
  • 19年上半期にLINE(ライン)と提携しモバイル決済の導入を検討
  • 事前にスマホなどで店舗に注文を入れることで列に並ばずに商品を受け取ることができる「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」を19年中に導入
    • 同システムは米国など数カ国で導入済み

背景

  • 現在国内では全国47都道府県で1392店舗(9月末時点)を展開
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE