中国輸出、10月に伸び拡大-追加関税率上げ前の駆け込みで

更新日時
  • 輸出はドルベースで前年同月比15.6%増-予想上回る伸び
  • 輸出企業は関税率25%への引き上げ見越して行動-INGのパン氏

中国の輸出は10月に伸びが加速した。輸出企業が米国の追加関税率引き上げ前に出荷を急いだ。

  税関総署が8日発表した10月の貿易統計(ドルベース)は以下の通り。

  • 輸出は前年同月比15.6%増-市場予想は11.7%増だった
  • 輸入は21.4%増-予想14.5%増
  • 貿易黒字は340億ドル(約3兆8700億円)-9月から拡大した
  • 対米輸出は前年同月比13.2%増の427億ドルとなったが、前月の過去最高水準は下回った。米国からの輸入は1.8%減と2カ月連続で減少。対米貿易黒字は318億ドルだった
  • 米国は来年1月に2000億ドル相当の中国からの輸入品に対する関税率を25%に引き上げる予定。中国企業と米国の顧客には現在、できるだけ取引する強いインセンティブがある
  • INGバンクの大中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は「輸出企業は予定される25%への関税率引き上げを見越して行動している。この現象は11月、12月も続くだろう。主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて行われる習近平国家主席とトランプ米大統領の会談がポジティブになるとは見込んでいない。会談が両国の通商関係にさらなる打撃を与えないことを願うばかりだ」

原題:Chinese Exports Top Estimates Amid Rush to Skirt Higher Tariffs(抜粋)

(対米貿易データや市場関係者のコメントなど追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE