コンテンツにスキップする

CDUカレンバウアー氏、ドイツの安定を守ると約束-党首選に向け

ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)の党首選に立候補しているクランプカレンバウアー幹事長は、同国の安定を守ると約束した。メルケル首相が党首再選を目指さないと表明したため後継レースは過熱しており、同幹事長は自身の存在感を高めようと努めている。

  党首選を巡り、メルケル首相側近のクランプカレンバウアー氏は米ブラックロックのフリードリヒ・メルツ氏との激しい戦いが予想されている。メルツ氏は首相のかつての政敵。一連の選挙で惨敗を喫し、変革を求めるCDUにとっては先鋭的な候補者だ。

  クランプカレンバウアー氏は7日、ベルリンで行われた記者会見で、「ドイツの成功の根底にある政治的な安定」は幅広い政党がその義務を負うと「深く確信している」と述べ、CDUが「国内のできるだけ多くの人にとって政治的な礎」になるべきだと言明した。同氏が自身の見解について踏み込んだ発言をしたのはこれが初めて。同氏はまた、メルケル氏は過半数を維持する限り独首相にとどまるとの認識を示した。

原題:Merkel Protege Seeks Own Profile in Contest for Party Chairman(抜粋)
*MERKEL TO STAY CHANCELLOR AS LONG AS SHE HAS MAJORITY: KRAMP

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE