コンテンツにスキップする

米ボーイング、737MAX巡り通知送付-インドネシア事故受け

  • 「センサーからの誤った入力がある状況」に対処する手順を示す
  • 737MAX8が10月29日にジャワ海に墜落

ボーイングは同社の航空機737MAX(マックス)を運航している航空各社に対し同機の運航マニュアルについての通知を送付した。乗客・乗員189人を乗せた同型機が先週インドネシアで墜落事故を起こしたことに対応した。

  ボーイングの発表資料によれば、通知は「センサーからの誤った入力がある状況に乗務員が対処する」手順を示している。

INDONESIA-ACCIDENT-LION AIR

墜落機のエンジンを調べる調査員

フォトグラファー:Bay Ismoyo / AFP via Getty Images

  ブルームバーグ・ニュースは先に、ボーイングが737MAXを運航している航空会社に一定の条件下での飛行モニター計器の測定値に絡み機体の急降下があり得ると警告する通知を送付する準備をしていると報じていた。

Lion Air Flight Crashes Into Sea Off Jakarta

墜落現場を訪れた遺族(11月6日)

写真家:Ulet Ifansasti /ゲッティイメージズ

  インドネシアの格安航空会社ライオンエアが運航していたボーイング737MAX8は10月29日、離陸して間もなくジャワ海に墜落。同機に搭乗していた全員の生存が絶望視されている。

原題:Boeing Issues Bulletin for 737 Max After Indonesia Jet Crash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE