コンテンツにスキップする

中間選挙巡る「混乱」、米国株にリスクとシラー教授が警告

  • ノーベル経済学賞受賞者のシラー氏、分断深まれば市場は不安定化も
  • 減税などの刺激は一時的なものと市場で「理解されていないようだ」

ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー米エール大学教授は6日、米中間選挙がトランプ大統領の経済成長重視の姿勢に挑む形となっており、米株式相場が最高値から離れた後も一段と売り込まれる恐れがあると警鐘を鳴らした。

  ロンドンでのクオンツ投資に関する会議に参加した同教授は中間選挙に触れ、「厳密に言えばトランプ大統領についての選挙ではないが、われわれの念頭にあるのは彼だ」と述べた。

Shiller Says `Open Question' Whether Stock Sell-Off Is Over

ロバート・シラー教授

写真家:Nelson Ching / Bloomberg

  ウォール街ではボラティリティーの高まりに楽観論があるものの、シラー教授は米国の分断が深まれば市場を不安定化させる要因になると警告。「トランプ氏が敗れ、彼の支持者が負ければ、混乱の時期に突入する。選挙直前のボラティリティーは混乱の感覚に多少関連があったと思う」とコメントした。

  事前の世論調査では、民主党が下院を制し共和党が上院で多数派を維持すると予想されており、法案審議の行き詰まりにつながるシナリオだ。シラー教授は「話題は減税と規制緩和を実行するトランプ大統領だ。もっともらしく思われるため、相場は企業業績で上昇するが、こうした状況は一時的であることが市場では理解されていないようだ」と語った。

Stocks likely to benefit under Trump see biggest gain since 2016 election

原題:Shiller Frets ‘Fear and Chaos’ Midterm Vote Risk for U.S. Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE