コンテンツにスキップする

ガーナ、自動車セクター巡る政策打ち出すと表明-日産自と取り決め

  • 日産自、アフリカ西部のガーナに組立・製造工場を開設へ
  • ガーナを西アフリカ地域の玄関口として捉えている-日産自

ガーナ政府は組立・製造工場の同国での開設を決めた日産自動車との取り決めの中で、自動車セクターを巡る将来に向けた政策を打ち出すと表明した。

  アフリカ西部のガーナは海外自動車メーカーの工場誘致に取り組んでおり、ここ3カ月でドイツのフォルクスワーゲン(VW)と中国のシノトラック・インターナショナルとも取り決めを結んでいる。

  キエレマテン貿易・産業相は6日、自動車に関する政策は年内に整備されると首都アクラで記者団に述べた。日産グループ・オブ・アフリカのマネジングディレクター、マイク・ホイットフィールド氏は「ガーナを西アフリカ地域の玄関口として捉えている」と述べた。日産は現在、アフリカではエジプトとナイジェリア、南アフリカ共和国の3カ国に組立工場を置いている。

原題:Ghana to Draw Up Auto Policy in Pledge With Nissan Over Plant(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE