コンテンツにスキップする

米AMD株上昇-アマゾンとクラウドサーバー向け半導体で提携を発表

  • アマゾンは同社の人気商品でAMD製「EPYC」をベースに
  • AMDは新設計の半導体サンプルを顧客に配布

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は6日、サーバー向け半導体でアマゾン・ドット・コムのクラウドコンピューティング部門が新たなパートナーになったと発表した。AMDの株価は一時8.8%高となった。

  アマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)のコンピューティング担当バイスプレジデント、マット・ガーマン氏は6日、サンフランシスコでのAMD説明会で、特に人気の高い商品がAMDのサーバー・プロセッサー「EPYC」をベースとして直ちに提供されると明らかにした。同氏によると、AMDの同半導体の使用でコンピューティングのコストを10%低減できる。

  一方、AMDは新設計の半導体のサンプルを顧客に配ったことを明らかにした。この半導体は回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートル技術を利用して台湾積体電路製造(TSMC)が製造する。この技術は米インテルが発表している10ナノ品プロセスに相当するが、市場投入では先行すると、AMDのマーク・ペーパーマスター最高技術責任者(CTO)は説明した。

  AMDの株価はこの日のニューヨーク市場で一時21.65ドルまで上昇。終値は3.9%高の20.68ドルだった。

原題:AMD Climbs After Saying Amazon Will Use Its Cloud Server Chips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE