コンテンツにスキップする
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 米中間選挙、開票へ-英EUは11月合意成立の望み薄く
  • JPモルガンCEOが景気後退予想、ソフトバンク、GE
Pedestrians walk on Wall Street in front of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: Victor J. Blue/Bloomberg

トランプ政権の過去2年間に米国民はどのような審判を下すでしょうか。米中間選挙の6日、同国株式市場では、予期せぬ結果を警戒して積極的な売買が手控えられました。ダウ工業株30種平均の取引は平均を約18%下回っています。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

2億3600万人の判断

米中間選挙には現職大統領に対する国民投票という側面があるが、この2年間で全米に深い亀裂をもたらしたトランプ氏はそのことにまんざらでもない様子。投票日前日には「喜んで受けて立つ」と話した。各種調査によると、下院は民主党が過半数を制するとの予想。2億3600万人の有権者の判断がアジア時間に徐々に判明する。

幻想に浸るな

欧州連合(EU)と英国が11月中に臨時首脳会議を開き、メイ英首相が離脱交渉の合意をつかむチャンスは消えつつあるようだ。首相と閣僚との間で折り合いがつかず、交渉を前進させるための合意が形成されていないと、事情に詳しい関係者が明らかにした。メイ首相の報道官は「幻想に浸るべきではない。まだやるべきことは多い」と記者団に話した。

2020年以降と予想

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、今後数年内に再びリセッションに陥るとの見方を示した。CNNがインタビューを基に伝えた。2019年にかけて景気は非常に活況だとした上で、英EU離脱やイタリア、世界的な量的緩和解除、貿易戦争などを懸念材料だと指摘し、20-21年にリセッションの可能性が非常にあり得ると述べたという。

サウジで計画

ソフトバンクグループはサウジアラビアで12億ドル(約1400億円)規模の太陽光発電設備の開発を計画している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。設備はリヤド北部に建設され、年間1.8ギガワットの発電能力を有する見込み。サウジ出身ジャーナリストの殺害事件を受け、同社とサウジとの関係について関心が高まっている。

最初の大きな決断

米ゼネラル・エレクトリック(GE)は業務用照明部門をプライベートエクイティー投資会社アメリカン・インダストリアル・パートナーズに売却することで合意した。10月に就任したばかりのラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が事業ポートフォリオの合理化に乗り出した。GEは米証券取引委員会(SEC)による会計調査の拡大を明らかにするなど混乱に見舞われており、経営立て直しを急ぐ。

その他の注目ニュース

ラーブ英離脱担当相:閣議終えて「サムズ・アップ」と発言
トランプ氏、カバノー氏への告発撤回を示唆-事実に反する世論誘導
ウォール街に強力な民主党支持の一角、急落恐れる地方債関係者ら

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE