コンテンツにスキップする

英EU離脱:11月合意成立への望み遠く、英政権内で協議まとまらず

  • 英政権内で速やかに合意形成できたとしても日程厳しい-当局者
  • アイルランド国境問題で新たな案協議するため週内に再び閣議開催も

欧州連合(EU)と英国が月内に臨時首脳会議を開き、メイ英首相が離脱交渉の合意をつかむチャンスは消えつつあるようだ。首相と閣僚との間で折り合いがつかず、交渉を前進させるための合意が形成されていないと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

Theresa May on Nov. 6.

英国のメイ首相(6日)

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  英国の当局者1人は、速やかに閣内の方針がまとまることへの期待は薄れていると示唆した。早急に閣内が一致するとしても、EU臨時首脳会議があり得るとされる今月下旬まで3週間しかなく、EUと交渉して合意を成立させるには厳しい日程だろうと語った。

  メイ首相の報道官を務めるジェームズ・スラック氏は6日、ロンドンで記者団に対し、「幻想に浸るべきではない。まだやるべきことは多い」と話した。閣僚らはアイルランド国境問題のバックストップ条項について新たな案を提示できるよう協議していた。この案について今週再び閣議を開く可能性があると、事情に詳しい関係者が述べた。

原題:November Brexit Deal Hopes Fade as U.K. Ministers Fail to Agree(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE