コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/

ウォール街に強力な民主党支持の一角、急落恐れる地方債関係者ら

  • 共和党下院勝利なら債券には弱気-シティやブラックロック予想
  • 共和党は新たな減税措置を推進する可能性、金利に上昇圧力
(EDITORS NOTE: Image has been converted to black and white.) Buildings stand on Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: John Taggart/

ウォール街は概して共和党支持者が圧倒的に多いとみられているが、民主党を支持する一角がある。

  3兆9000億ドル(約440兆円)規模の米地方債市場に携わるバンカーやファンドマネジャーは、6日の中間選挙で自らの政治信条に関わりなく民主党支持で一致している。それには仕事上の理由がある。米金融当局が景気過熱を防ごうと利上げを進める中で、共和党は新たな減税措置を推進する見通しなため、ブラックロックやバークレイズ、シティグループのアナリストは、世論調査結果に反して共和党が下院過半数を維持する場合、債券価格は急落する可能性があると予測している。

  シティの地方債戦略グループ責任者ビクラム・ライ氏は、「たとえ僅差であっても共和党が下院過半数を維持すれば弱気材料だ」と指摘。「そうなれば、債券市場は売り一色になるだろう」と述べた。

  米経済は堅調な拡大が続き、失業率はほぼ50年ぶりの低水準だ。これにより米地方債相場は2カ月連続で下げ、国債・地方債のファンドからは過去6週間、資金が流出している。

原題:A Bond-Market Haven for Democrats Has Reason to Cheer Blue Wave(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE