コンテンツにスキップする

完全雇用は格差是正につながり得る-イエレン前FRB議長

  • 「ブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラム」で発言
  • 米国の資本主義への不満は主に不平等と賃金低迷から

米経済を完全雇用に近い状態に維持し続けることで、高度な技能を持たない労働者の賃金が上昇し、格差是正に寄与するとの認識を前米連邦準備制度理事会(FRB)議長のジャネット・イエレン氏が6日示した。

  シンガポールで開催中の「ブルームバーグ・ニューエコノミー・フォーラム」に参加しているイエレン氏は、一般的に最も脆弱(ぜいじゃく)な低賃金労働者への恩恵を完全雇用状態の経済がもたらしていくことが重要だと述べた。

Janet Yellen

ジャネット・イエレン氏

写真家:Justin Chin / Bloomberg

  イエレン氏は米国における資本主義への不満が主に不平等と賃金伸び悩みから生じていると指摘。1980年代から続くこうした問題は自動化とグローバル化に大きく起因し得ると説明し、不平等に関して「中央銀行ができることはあまり多くないと言いたくなるが、完全雇用にできるだけ近い状態で経済を維持し続ける政策を遂行することなど幾つかの選択肢はある」と語った。

  それ以外の対応として新たな金融危機に備え経済を守るための規制を維持することなどが挙げられるとも話した。

High employment rates benefit vulnerable workers, Yellen says

  ニューエコノミー・フォーラムを主催しているブルームバーグ・メディア・グループは、ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの1部門。

原題:Yellen Says Fight Against Inequality Starts With Full Employment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE