コンテンツにスキップする

ペラムのロングショート株式ファンド、10月はマイナス14.4%-関係者

ヘッジファンド運営会社ペラム・キャピタルの創業者ロス・ターナー氏が運用するロングショート株式ファンドは、10月の運用成績が推定でマイナス14.4%、年初来ではマイナス約12%となった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ペラムの担当者はコメントを控えている。

  ブルームバーグ・ニュースが内容を確認した投資家宛ての文書によれば、ペラムの9月時点の運用資産額は40億ドル(約4530億円)余り。ロングショート株式ファンドの資産がその大部分を占める。10月のグローバル市場の動揺でヘッジファンド業界は年初来のリターンの多くを失い、株式ファンドのほか、ビッグトレンドを捉える目的でコンピューターを駆使したモデルを活用するファンドが特に大きな打撃を被った。

原題:Pelham Capital Hedge Fund Said to Tumble 14.4% in October Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE