コンテンツにスキップする

中国:トランプ政権と引き続き通商協議の用意-王岐山副主席

更新日時
  • 双方に受け入れ可能な解決策に向けて作業進める用意-王副主席
  • 米中両国が一歩も引かない状況、今後も続く-CSISのケネディ氏

中国の王岐山国家副主席は6日、中国政府が引き続き貿易問題の解決を巡り米国と協議する用意があると言明しながらも、中国が海外の大国に再び抑圧されることはないとくぎを刺した。

  王副主席はシンガポールで開かれた「ニューエコノミー・フォーラム」で、貿易がなお「米中関係のアンカー役であり、推進役」だと表明。「右傾化したポピュリズム」や「単独主義」の恐れに対する警告付きながら、まずは協議への支持を示した。

  副主席は、「中国側はお互いの懸案事項について米国と協議し、双方にとって受け入れ可能な貿易を巡る解決策に向けて作業を進める用意がある」と説明。「中国は平静と落ち着きを保ち、相互利益とウィンウィンの結果を実現するため、一段の開放性を採用する」と語った。

  ただ、習近平国家主席の長年の盟友である王氏は、中国は「帝国主義を掲げる大国によって屈辱を受け、抑圧されてきた」として「自国の道を切り開く」必要があるとも指摘した。

Wang Qishan

ブルームバーグ主催の「ニューエコノミー・フォーラム」で講演する王岐山国家副主席

  ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)の中国研究担当副ディレクター、スコット・ケネディ氏はブルームバーグテレビジョンに対し、「米中双方が一歩も引かない状況は今後も続くだろう。両国はそれぞれが優位に立っていると引き続き考えている」と指摘した。

  同氏は「トランプ大統領は米中が取引を望んでいる可能性を示唆しているが、実際には大統領に政治・経済的に極めて大きなメリットがあるわけではない。このため、米中はこのダンスを続け、われわれはそれを注視し続けることになると私は考えている」とも述べた。

  同フォーラムはブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エルピー傘下のブルームバーグ・メディア・グループが企画した。

原題:China Still Ready to Talk Trade With Trump, Xi’s No. 2 Says (1)(抜粋)

(王副主席の発言や市場関係者のコメントを追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE