新興国のインフレ、アナリストは過小評価-シティの指数が示す

  • 10月のシティ・インフレーション・サプライズ指数は6カ月連続上昇
  • 10月のトルコ消費者物価は市場予想を上回る上昇

新興市場におけるインフレへの原油高と通貨安の影響をアナリストらは過小評価していた。

  10月のシティ・インフレーション・サプライズ指数は6カ月連続で上昇。2011年以降で最も長い上昇局面となっている。

  今年最も大きな打撃を受けている新興国の1つであるトルコでの10月の消費者物価上昇率は、ブルームバーグがまとめた市場関係者18人の予想中央値を上回った。

原題:Inflation in EM Has Been Catching Analysts Off Guard for Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE