コンテンツにスキップする

米国株強気派に敵現る、200日移動平均が一転して抵抗線に

200日移動平均線、S&P500種の上値抵抗線に

米国株急落局面でトレーダーを動けなくしたテクニカル分析上の重要な下値支持線がここにきて、上値抵抗線に転化した。S&P500種株価指数が200日移動平均線を下回る期間が長引くほど、年末ラリーを見込むテクニカル・トレーダーにはより大きな障害となる。S&P500種は先週の力強い反発でも200日移動平均線を上抜けすることはできなかった。ミラー・タバクのストラテジスト、マット・メイリー氏は、200日移動平均線を上回る水準に再浮上できなければ、10月の安値を再び試す恐れがあるとリポートに記した。

原題:U.S. Stock Bulls See Foe In Former Ally as 200-DMA Looms: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE