Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

低賃金の外国人労働者受け入れ抑制、後戻りせず-シンガポール財務相

  • 安価な労働力に頼れば生産性の向上につながらず
  • 高い技能のある人材の海外からの受け入れは推進し続ける
Photographer: Nicky Loh/Bloomberg

シンガポールが海外からの労働者受け入れ規制を緩和するだろうとは考えるべきではない。少なくとも高い技能を要しない労働者についてはそうだ。

  ヘン・スイキャット財務相は2日のインタビューで、シンガポール人以外の安価な労働力の流入を制限する政策は企業に自動化など生産性を高める措置への投資を強いていると説明。その上で、高度な技術を持つ人材については、シンガポールをデジタル経済とする目標を達成するため最良の才能を呼び込む取り組みにまい進していると話した。

ヘン・スイキャット財務相

写真家:Wei Leng Tay / Bloomberg

  同相は「われわれは生産性とイノベーション(技術革新)がけん引する成長に向け動く必要があり、低コストの外国人労働者らに頼り続けることはできない」と明言。あまりにも容易に外国人労働者に頼ることができた過去においては、そのことが「生産性向上を真剣に捉えるよう企業に促すプレッシャーとインセンティブ」を低下させていたと論じた。

  ヘン財務相は「例えば、自動化や機械化などの生産性を高める方策を見据える関心が今は極めて大きくなりつつある」と指摘した上で、「この方針についてターマン・シャンムガラトナム副首相が財務相時代に幾度となく述べていたが、Uターンはない。それが変わるとは私は思わない」と語った。

原題:Singapore Sees No U-Turn on Curbing Low-Skilled Foreign Workers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE