コンテンツにスキップする
Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾン幹部、第2本社候補地巡るWP紙への情報リークに不快感

  • 首都ワシントン近郊に置く可能性について詰めの協議との報道
  • アマゾン創業者のベゾス氏はワシントン・ポストのオーナーでもある
The Amazon.com logo is displayed outside the company's fulfillment center in Kenosha, Wisconsin, U.S., on Tuesday, Aug. 1, 2017.
Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムが第2本社を首都ワシントンに近いバージニア州北部に置く可能性について詰めの協議を進めているとした米紙ワシントン・ポストの報道について、同社の経済開発担当幹部は不満をあらわにした。

  マイク・グレラ氏は3日午前のツイートで、「情報を漏らす天才」と呼び掛けた上で「あなたはバージニア州クリスタルシティーのためになることをしていない。署名した機密保持契約を使用済みナプキンのように扱うのはやめなさい」と記した。誰が情報を漏えいしたかなどについては言及しなかった。

  グレラ氏はこれより先のツイートで、アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)のジェット機の飛行パターンに基づいて第2本社の立地について臆測した別のワシントン・ポストの記事も批判していた。アマゾン創業者のベゾス氏はワシントン・ポストのオーナーでもある。

  第2本社の候補地選びのプロセスに詳しい関係者によると、グレラ氏は選定や交渉について直接知る立場にはない。クリスタルシティーの開発業者最大手、JBGスミスの広報担当者はコメントを控えた。

  一方、米紙ウォールストリート・ジャーナルは4日、アマゾンがニューヨーク市やダラス、クリスタルシティーを含む「ごく一握り」の地域との協議が最終段階にあると伝えている。

原題:Amazon Exec Rips ‘Leaking’ to Bezos’ Post on Headquarters (3)Amazon in Talks to Put Second Headquarters in N. Virginia: WaPo;Amazon in Late-Stage HQ2 Talks With ‘Handful’ of Places: WSJ(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE