コンテンツにスキップする

豪ウエストパック銀:18年9月通期利益はほぼ横ばい、予想やや下回る

  • 「厳しい1年だった」とハーツァーCEO語る
  • 下期の一部項目を除く利益38億1400万豪ドル、予想下回る

オーストラリア2位の銀行、ウエストパック銀行が5日発表した2018年9月通期(17年10月-18年9月)決算で一部項目を除く利益は市場予想をやや下回った。

  • 一部項目を除く利益は80億7000万豪ドル(約6580億円)と、昨年度からほぼ横ばい。アナリスト予想は81億4000万豪ドルだった
  • コモンウエルス銀行とナショナルオーストラリア銀行(NAB)、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)はいずれも通期決算が減益となった。住宅市場鈍化や顧客への補償コスト上昇が響いた。ウエストパック銀のブライアン・ハーツァー最高経営責任者(CEO)は「厳しい1年だった」と指摘
  • 下期(18年4-9月)の一部項目を除く利益は38億1400万豪ドル。予想は40億3000万豪ドル
  • 期末配当は0.94豪ドル
  • 発表資料

原題:Westpac Rounds Out Disappointing Profit Season With Flat Result、Westpac Targets FY19 Productivity Gains as Economy Seen Slowing(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE