コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer

下院は民主優勢も勝利確実には至らず-米中間選挙の最新世論調査

更新日時
  • 下院での民主リードはこの数週間で縮まっている
  • 下院で民主は過半数を7議席上回る見通し、誤差±13議席-CBS
"I Voted Today" stickers sit on a table at a polling location in Philadelphia, Pennsylvania, U.S., on Tuesday, April 26, 2016. Donald Trump is poised to sweep five Northeast primaries today and Democrats Hillary Clinton and Bernie Sanders will compete as well in the contests in Connecticut, Delaware, Maryland, Pennsylvania and Rhode Island in what's become known as the Acela primary because of the Amtrak route through the region.
Photographer: Andrew Harrer

6日投開票の米中間選挙直前の世論調査では、民主党が下院過半数議席を奪還する見通しだ。ただ、民主党のリードはこの数週間で縮小しており、勝利確実とは言い切れない状況だ。

  CBSニュースの世論調査によれば、民主党は下院で過半数(218)を若干上回る225議席を獲得する見通し。CBSが分析した3つのシナリオのうち最も可能性が高いものに基づく。調査はCBSの委託でユーガブが10月30日-11月3日に66の激戦区の約6500人を対象に実施したが、誤差はプラスマイナス13議席と大きく、民主党の大勝もあり得るが、共和党の過半数議席維持の可能性も排除できない。

  共和党全国委員会(RNC)のマクダニエル委員長は4日のABC放送の番組「ジス・ウィーク」で、中間選挙直前の段階で下院の27議席前後が誤差の範囲内で争っており、これら激戦区では米経済の好調さを訴えれば共和党に有利に働くとの見通しを示した。

  同委員長は、「米有権者は過去2年間の出来事を検証している」とした上で、「有権者の所得は増加している。雇用も戻りつつある。誤差の範囲内にある下院選挙区の多くで、これらは絶好の終盤戦のアピールになろう」と述べた。

  トランプ大統領は、情勢が共和党に有利となっている上院で過半数議席をさらに伸ばすとともに下院過半数議席の維持を目指し、有権者に投票を促そうと全米を遊説している。4日にはジョージア、テネシー両州、5日にはオハイオ、インディアナ、ミズーリの各州を訪れる。

  トランプ大統領の移民問題や経済成長、低失業率を強調する取り組みは功を奏し始めているもようで、投票日が近づくにつれて民主党のリードは縮小している。

各種世論調査

  ワシントン・ポスト紙とABCニュースによる登録有権者を対象にした世論調査では、支持率の民主党のリードは7ポイントと、10月の11ポイント、8月の14ポイントから縮まった。NBCとウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が4日に公表した世論調査でも10月の9ポイントのリードから7ポイントのリードに狭まった。

  NBC・WSJ世論調査では、投票を予定している有権者の50%が民主党支配の議会を望み、43%が共和党支配の議会が好ましいとした。登録有権者の支持率は民主が49%、共和が43%。

  有権者への最後の訴えを行う1人がマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長のようだ。ワシントン・ポストはブルームバーグ氏が500万ドル(約5億6600万円)を投じ、4日夜のCBS「60ミニッツ」を皮切りに意見広告を流すと報じた。2分間の広告中、ブルームバーグ氏は民主党に投票するよう視聴者に呼び掛けるという。
  
  ブルームバーグ氏はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で過半数株主。同氏は今年、民主党の下院奪回を後押しするため数百万ドルを寄付すると表明しており、ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューで、民主党からの大統領選出馬を検討していると語った。

  中間選挙は通常、投票率が全般的に低いが、白人の高年齢層の投票率は際立って高くなる傾向がある。実際、世論調査で中間選挙に高い関心を持っていると回答した割合は高年齢層が80%と、有権者全体の約70%を上回った。34歳以下の若年層は50%にとどまった。

  NBC・WSJ世論調査でトランプ大統領の支持率は46%と、10月の45%から微増だった。また登録有権者の59%が米国の方向性を「大幅」ないし「かなりの程度」変えたいと回答した。

  NBC調査は11月1-3日に1000人の登録有権者を対象に実施。誤差率はプラスマイナス3.1ポイント。投票を予定している744人の有権者の調査では誤差率はプラスマイナス3.5ポイント。

  ワシントン・ポストとABCの共同調査は10月29日-11月1日に1255人の成人を対象に実施。誤差率はプラスマイナス3ポイント。登録有権者1041人の調査の誤差率はプラスマイナス3.5ポイント。投票を予定している有権者737人の調査の誤差率はプラスマイナス4ポイント。

原題:Polls Show Democrats Poised to Win Control of House But No Lock(抜粋)

(9、10段落にブルームバーグ前NY市長の意見広告の報道を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE