河野外相、元徴用工への補償は「韓国側に責任」-インタビュー

更新日時
  • この問題解決しない限り両国関係は前進しない
  • 北朝鮮の核問題は米朝首脳会談後、何も進展なし

河野太郎外相は、日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の元徴用工訴訟判決について、韓国国民への補償や賠償は韓国側が責任を持つべきだ、との認識を示した。

  河野外相は4日、ブルームバーグとの英語でのインタビューで、日本と韓国2国間の賠償問題については1965年の日韓請求権協定で合意しており、「過去半世紀の日韓関係の基盤となっている」と強調。こうした認識は、両国間で「明白なことだ」と述べた。

河野外相

Photographer: Kentaro Takahashi/Bloomberg

  韓国最高裁は先月30日、日本の植民地時代に強制労働をさせられたとして、韓国人の元徴用工4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償の支払いを命じる判決を下した。日本側は、安倍晋三首相が「国際法に照らしてあり得ない判断だ」と国会答弁するなど強い不快感を示している。

  韓国の文在寅大統領は、判決への政府の対応をいまだ明らかにしていない。

  河野外相は、判決は「日韓関係における法的基盤を完全に否定するもの」であり、2国関係を考える上では「まずこの問題を解決する必要がある」と指摘。韓国側が問題解決に動かない限りは両国関係は前進することはない、との考えを示した。

インタビューにおける河野外相のその他のコメント

  • 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について:シンガポールで行われた米朝首脳会談から何も進展がない。国際社会は結束して立ち向かい、金委員長が正しい判断を下すのを待たねばならない。
  • 2回目の米朝首脳会談について:正しい判断を下せば北朝鮮に何が起こり得るかを金委員長が理解しているのかどうか、トランプ米大統領は確かめることができるだろう。シンガポールに行くことで、金委員長は国内の成長期待を高めたに違いない。北朝鮮を統治し続けるために、そうした状況をいつか作らねばならない。トランプ大統領は、金委員長に何ができるのかを再認識させることが可能だと思う。
  • トランプ大統領不在の地域サミット:トランプ大統領は過去の米大統領の誰よりも北朝鮮問題に関与している。トランプ氏は北朝鮮や東シナ海問題に対するわれわれの立場を極めて強力に支持している。トランプ氏はアジア問題に対して本気でコミットしていると思う。
  • 環太平洋連携協定(TPP)について:TPPへの復帰は米国の農家や製造業者にとって有益だ。今回の合意は米国が復帰を決断するまでの応急的な措置であるとわれわれは思っている。

  河野外相はまた、来年1月にも開始する見通しの日米間の貿易交渉について、日本はこれまで示してきた水準を超える譲歩を迫られる可能性があるとする米当局者らの最近の見方を退けた。米国は日本の歩み寄りに対して何らかの見返りを示さなければならないと述べた。

  河野外相は「安倍首相とトランプ大統領が枠組みを作り、交渉はその枠内で行われる」と述べ、「いかなる貿易交渉も相互に満足するものでなくてはならない。さもなければ合意には至らないだろう。日本が米国に何かを与えるなら、米国も日本に何かを与える必要がある」との考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE